夏場と言えば怪談、怪談と言えば予めあの者の話す怪談に限りますよね

今年もまた暑い夏季がやって来ました。エアコンや扇風機などで涼をとったり、アイスクリームやかき氷などで美味しく涼をとったり、涼む技術はいろいろありますが、なぜ怪談で涼しく罹る、というのでしょうか。とびきり怖い怪談や、心霊声などを見てしまうと、確かにゾクゾクして来ますが、更にそれで涼が落とせる訳ではないと思います。ただし、予め怪談と言えば夏季の感じですよね。昔、怪談放送がとにかくあった品物でした。放送を見たいずれ便所に行きたくないので、始まるまでにお銭湯って便所を済ませ、ついでにパジャマに着替え、実に後は眠るだけにしてTVの前に座ります。放送を夢中で見ながら、ついついうっかりママが切ってくれたスイカを食べてしまって、夜中に便所に起きてしまい困った事もありました。怪談と言えば、何より稲川淳二君の怪談があたいは好きです。正直言って、報告の内容はほとんど恐いは思いませんが、あの話し方やパフォーマンス力で極めて怖く感じるものです。そんな中、これは私だけかも知れませんが、稲川淳二君の面持を見ると、何かホッと行う。怪談が終わった後などにのぞかせる、穏やかなスマイルを見ていると、なるほど、また見たいなあと思います。今年もまたTVですので、見ようかなと思います。目元がへこんでいる人はこちら

海外に出てみると今までの見方が思い切り小さく感ずるようになりました。

ぼくは今オーストラリアに旅に来ています。オーストラリアはとても当たり前が多く大きい世界だ。そうしてひいては、現地の人たちは本当にフレンドリーな人が多いように感じました。気軽に話しかけてくれたり、笑顔で微笑んでくれたりしてくれます。それがいやにぼくにとっては嬉しいです。日本にいたら経験できないようなキャリアの一つだと感じました。ひいてはぼくはこちらの食カルチャーがとっても大好きです。移民が多いオーストラリアではたくさんの国のメニューを楽しむことができます。なので、通常色々なメニューを食べることができます。日本では何やらお目にかかれないようなメニューもたくさんあります。そうしてアルティメットにいってもみた時のない香味料がたくさんあります。メニューのしかたが難しそうなのでぼくは買わないですが必ずここにいる移民の手法にとってはとっても良い景況だ。オーストラリアは心からたくさんの国の人間が一緒に生活を送っていると思います。ですので、色々な出来事や、言いだしを訊くことができ、自分の展望がとても伝わるような気がします。今まで自分が感じていた、見ていた風土は結構わずか一部でしかないのだなとつくづく把握させられています。間もなく一層たくさんの風土を見ていきたいだ。tl漫画無料情報